Webホットラインは、書店様、販売店様専用サイトです。一般のお客様はShopPaulineへお越しください。

Mカード Pカード みことばはがき クリスマスはがき 通年カード クリスマスカード しおり カレンダー・便箋 通年シール クリスマスシール その他
必ずお読みください

常備委託セット

2018年度 常備

2018年度 児童書常備

ポスターダウンロード

選定図書

かごを見る

世界は涙を忘れて・・・・

コード 978-4-7896-0707-0
定価 2,160円(税160円)
注文数

商品は他店舗と在庫を共有しているため、ご注文の時点で品切れの場合はご容赦ください。


  • 今道友信

  • 四六判 上製

  • 230ページ

  • ISBN978-4-7896-0707-0

  • Cコード:C0095

  • 女子パウロ会発行



兵庫県尼崎市を流れる藻川にかかる善法寺橋にたたずむ世界的老哲学者。その思索と瞑想から湧き出る、ユーモアとおかしみの漂う少年の心と、深い洞察にみちた文明論です。

「世界は涙を忘れている。雨のない砂漠に樹木が育たぬように、涙の涸れた世界には機能は作動しているが生命の躍動がない。文明は進展しているけれども文化は衰えている。」
           本文156ページより

初版発行:2012年1月25日

もくじ


I  二つの橋の物語
  橋との交わり
  ボン・デ・ザールとぜんぽうじばし
  秋の橋

II  聖母の花影にて
  〈古い断想から〉
  〈新しい断想から〉

III  貧しい贈り物
  長言法と短言法で
  世界は涙を忘れて
  本当の信仰を
  学生時代の思い出から

あとがき

著者紹介


著者:
今道友信(いまみち とものぶ)
1922年生まれ。
東京大学文学部哲学科卒業。東京大学名誉教授。
主要著書 『美の位相と芸術』(東京大学出版会 1971年)、「同一性の自己塑性」(東京大学出版会 1971年)、『エコエティカ』(講談社学術文庫 1990年)、『出会いの輝き』(女子パウロ会 2005年)、『美の存在と生成』(ピナケス出版 2006年)、『超越への指標』(ピナケス出版 2008年)、『中世の哲学』(岩波書店 2010年)、『教えるこころ』(女子パウロ会 2011年)他多数。