Webホットラインは、書店様、販売店様専用サイトです。一般のお客様はShopPaulineへお越しください。

Mカード Pカード みことばはがき クリスマスはがき 通年カード クリスマスカード しおり カレンダー・便箋 通年シール クリスマスシール その他
必ずお読みください

常備委託セット

2018年度 常備

2018年度 児童書常備

ポスターダウンロード

かごを見る

コンパッション(あわれみ)〜ゆり動かす愛〜

コード 978-4-7896-0419-2
単価 1,620円(税120円)
在庫 在庫無しのため、出荷出来ません


  • ヘンリ・J・M・ナウウェン 著、ドナルド・P・マックネ 共著

  • 石井健吾 訳

  • B6判 上製

  • 240ページ

  • ISBN978-4-7896-0419-2

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行



「まえがき」より
「あわれみ」という言葉は、一般によい感情を起こさせます。わたしたちは、自分が基本的には善良で、優しく、ものわかりがよく、あわれみ深い人間であると考えたいものです。あわれみとはたいてい人間の苦しみに対する自然な反応であるととらえています。貧しい老人や飢えた子ども、無気力な兵士やおびえている少女にあわれみを感じない人がいるでしょうか。あわれみは、当然人間の本性に属するものだ、としないことなど、考えられません。(中略)

キリストが呼びかけるあわれみの徹底した性格をより深く意識したことがこの本を決定づけました。わたしたちはまず初めに、イエス・キリストにおいてお現われになったあわれみ深い神について話そうと思います。神ご自身のあわれみがわたしたちのあわれみの土台とよりどころとなっているからです。

第二に、キリストに従う者として、あわれみ深い生き方をすることの意味を探ろうと思います。キリストの弟子としてのあり方において初めて、おん父があわれみ深いように、あわれみ深くなりなさいという呼びかけを理解し始めることができるからです。

最後に、あわれみによる祈りと活動の方法について考えたいと思います。神とわたしたち人間同士の関係を方向づける修練をとおして、神のあわれみが現われうるからです。もし、この本を読んでくださるかたがたが---たとえどのような人生を歩んでいるとしても---あわれみに欠けた世界の真っただ中で、あわれみ深い神の現存に気づいてくださるなら、おおいに感謝するところです。

もくじ


第一部 あわれみとは
わたしたちとともにおられる神
仕える者となられた神
従う者となられた神

第二部 あわれみに満ちた生活
ともに自分の場を離れること
いっしょに生きること

第三部 あわれみ深い生き方
耐えること
祈り
さあ、歩きだそう

著者紹介


著者:
ヘンリ・J・M・ナウウェン
オランダのユトレヒト大司教区の司祭。イエール大学ディヴィニティ校とハーバード大学ディヴィニティ校で教鞭をとる。
現在、トロントのディブレイクで、ラルシュ共同体のメンバーとして暮らす。

ドナルド.P.マックネル
聖十字架会の司祭。現在、ノートルダム大学で教鞭をとる一方で、同大学の実験科学センターの所長を務める。

ダグラス.A.モリソン
コネティカット州、ハートフォード大司教区の司祭。
現在、ワシントン.D.C.のカトリック大学で教鞭をとる。同大学の司牧センターの所長を務める。

訳者紹介:
石井 健吾(いしい けんご)
フランシスコ会司祭。
聖アントニオ神学院、教会史教授。
主な訳書:
T.オイテンブルグ著『16〜17世紀の日本におけるフランシスコ会士たち』(サンパウロ)、『フランシスコの祈り』(女子パウロ会)ほか。