Webホットラインは、書店様、販売店様専用サイトです。一般のお客様はShopPaulineへお越しください。

Mカード Pカード みことばはがき クリスマスはがき 通年カード クリスマスカード しおり カレンダー・便箋 通年シール クリスマスシール その他
必ずお読みください

常備委託セット

2018年度 常備

2018年度 児童書常備

ポスターダウンロード

選定図書

かごを見る

なぜこの道を?〜17人の司祭の手記〜

コード 978-4-7896-0429-1
定価 756円(税56円)
注文数

商品は他店舗と在庫を共有しているため、ご注文の時点で品切れの場合はご容赦ください。


  • 相馬司教ほか17人の司祭 共著

  • 文庫

  • 224ページ

  • ISBN978-4-7896-0429-1

  • Cコード:C0195

  • 女子パウロ会発行



人はそれぞれ自分の人生の道としてある生き方を選択し、決断していく。
遊びだって、恋だって、結婚だってしたいはずの人生なのに……。「なぜ」神父になるの? ここに、「なぜ」にこたえる、出会いのドラマがある。人の思いを超える神秘な力の導きを感ぜざるをえない。17人の一人ひとりのユニークなドラマは、わたしたちの心を打つ。

もくじ


主は母の胎内にある私を呼ばれた―和田幹男(大阪教区司祭)
ロザリオの珠のように―山岡三治(イエズス会司祭)
三番目の召命!―太田実(名古屋教区司祭)
小さき道を―鹿江正信(広島教区司祭)
神の道具として―鈴木 真(横浜教区司祭)
運命の出会い―ウェイン・バーント(フランシスコ・カプチン修道会司祭)
五円玉が縁で―山元眞(福岡教区司祭)
レップ神父にならって―ホイスゴムス・アンリ(新潟教区司祭)
信仰を生きた母の姿から―相馬信夫(名古屋教区名誉司教)
足跡―吉田繁(大分教区司祭)
一人の神父として―亀浦芳孝(札幌教区司祭)
ジグソーパズル―東篠一浩(鹿児島教区司祭)
男の約束―岡本哲男(ドミニコ会司祭)
青春の真っただなかで―千葉俊一(横浜教区司祭)
走るべき道のりを走る―前田俊郎(聖パウロ会司祭)
お召しを求むる祈り―長谷川儀(広島教区)
おまけ―古巣 馨(長崎教区司祭)