Webホットラインは、書店様、販売店様専用サイトです。一般のお客様はShopPaulineへお越しください。

Mカード Pカード みことばはがき クリスマスはがき 通年カード クリスマスカード しおり カレンダー・便箋 通年シール クリスマスシール その他
必ずお読みください

常備委託セット

2018年度 常備

2018年度 児童書常備

ポスターダウンロード

かごを見る

ゆるしの力

コード 978-4-7896-0442-0
単価 1,080円(税80円)
在庫 在庫無しのため、出荷出来ません


  • 幸田和生 著

  • B6判 並製

  • 128ページ

  • ISBN978-4-7896-0442-0

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行



人をゆるすことより、自分をゆるすことのほうが難しいのかもしれません。
ゆるしゆるされることとは何か。本当の関係回復を教えてくれます。

「編集部の窓から」
思わず顔を背けたくなるような自分自身と本当に向かい合うとき、どうしようもないくらいの自分の罪を発見します。そこに救いはあるのでしょうか。キリスト教の使命は人に罪意識を植えつけることではありません。罪と悪の中で圧迫され、がんじがらめになっている人間に、救いを、解放をもたらすことなのです。
話題となったドラマ「北の国から」の例も取り上げて、著者が丁寧に展開してゆく「ゆるし」についてのアプローチに、心がなごみ、引き込まれてゆきます。

もくじ


罪とゆるしをめぐる現代の状況
 罪と言われても
 悪の体験
 自分の問題と向き合う

イエスのもたらしたゆるし
 アフェシス─解放のメッセージ
 イエスの時代の罪の問題
 共感によるゆるし
 絶望からの回心
 つながりの回復─イエスの戦い
 十字架による関係回復
 人と人とのゆるし合い

ゆるしの実践に向けて
 罪とゆるしのプロセス
 ゆるしを告げる教会
 秘跡とゆるし

著者紹介


著者:
幸田和生 (こうだ かずお)
1955年 東京都に生まれる。
1985年 東京カトリック神学院卒業。カトリック東京教区司祭に叙階される。
 以後、高円寺教会、高幡教会にて宣教司牧活動。
現在 東京カトリック神学院養成担当者。

主な著書:
『福音をきくために』(オリエンス宗教研究所)。