Webホットラインは、書店様、販売店様専用サイトです。一般のお客様はShopPaulineへお越しください。

Mカード Pカード みことばはがき クリスマスはがき 通年カード クリスマスカード しおり カレンダー・便箋 通年シール クリスマスシール その他
必ずお読みください

常備委託セット

2017年度 常備

2017年度 児童書常備

2016年度 常備

2016年度 児童書常備

注文書ダウンロード

かごを見る

キリスト教とは何か7
殉教ところびを越えて

コード 978-4-7896-0780-3
単価 1,296円(税96円)
在庫 在庫無しのため、出荷出来ません


  • 粕谷甲一

  • 新書判 並製

  • 244ページ

  • ISBN978-4-7896-0780-3

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


近日発売予定!

粕谷甲一講話集第七巻。
今は拷問も、迫害もないけれど、棄教に追いやるような風潮は強く、昔と違う形で教会は迫害を受けているのです。この現代の「迫害」にどのように対処したらいいのか。現代の迫害とは、殉教者とは何かを考える。

殉教者とは超人間的な英雄ではない。強い人間が殉教して、弱い人間がころぶというのではなく、自分の弱さを知って、まったく自分をあてにせず、神の力に委ねる人です。(本文より)

初版発行:2017年2月5日

もくじ


第一章 迫害と殉教―昔と今―“紀元二千年”と“長崎殉教四百年祭”を前にして
 1. “沈黙の碑”への祈り
 2. 殉教の本質
 3. 殉教四百年祭の問いかけ
 4. 迫害の今と昔の違い

第二章 殉教と ころび を越えて―「紀元二〇〇〇年」への希望とマザー・テレサI
 1. 長崎でのショッキングな体験
 2. 『沈黙』から『深い河』までの遠藤周作の精神史
 3. 第一期“同伴者イエス”の時代
 4. 第二期“弱い人”から“強い人”へ
 5. “フェレイラ”の救いの可能性をめぐって

第三章 殉教と ころび を越えて―「紀元二〇〇〇年」への希望とマザー・テレサII
 1. 『深い河』の原点となるもの
 2. 孤独な青年の心打たれた一節
 3. ケノーシスの神さまとの出会い
 4. 全ての宗教の根底にある精神
 5. 今の時代に必要な福音のことば

第四章 現代の殉教と少年ルドビコの祈り
 1. パウロ三木のいまわの際の説教
 2. 人々を教会から遠ざける遠心力の働き
 3. 現代の「迫害」にどう対処したらいいか
 4. 今なすべき苦行
 5. 死はどの瞬間にも起こりうる出来事

第五章 根源の出会い―聖霊の場
 1. 根源的な出会いの体験をバネにして
 2. 東方の人々の根源的直観力
 3. モンゴル人の若い夫婦との忘れがたい出会い
 4. 「なぜ人を殺してはいけないか」との質問に
 5. “爆睡”を分かち合った友との思い

第六章 日本と日本のカトリックの選択―A少年とX JAPAN hideの葬儀
 1. “hide”の葬儀に参列する若者たちの姿
 2. 日本社会の全現実に触れる病根
 3. 閉塞状態を脱していく道
 4. 二つの不幸
 5. 生きることへの絶望から解き放たれ
 6. 秘跡の力による魂の平安
 7. 巨大な映像世界に洗脳された子どもたち
 8. 「心の教育」の原点

第七章 出会いのひらめき―コロンビア人母とサマリア女性
 1. 異郷と異教の体験の中で
 2. 日常の中での神秘体験
 3. イエスとサマリア女性との出会い
 4. イエスの人格に触れて
 5. “人の思い”が“神の思い”を打ち壊す
 6. 一人の聖人が世界を変える力となる

第八章 世界宣教と世界教―聖フランシスコ・ザビエルと法王ヨハネ・パウロ二世
 はじめに
 1. ザビエルに関する二冊の本
 2. 聖人とは何か
 3. 人類全体に通じる「世界教」の魂
 4. 「一枚の織物」に見る信仰のことば

著者紹介


著者:
粕谷甲一(かすや こういち)
東京教区司祭。1923年インド、コルカタ市に生まれる。1944年受洗。1950年東京カトリック神学院入学。1951年インスブルックに留学。1957年スイスにて叙階。1959年帰国。アリの町教会で司牧。1961年真生会館館長。カトリック学生連盟指導司祭。1967〜1982年青年海外協力隊勤務。1995年〜NPO法人「芝の会」理事長。2011年2月帰天。
※↓以下の画像はクリックすると拡大してご覧になれます。