Webホットラインは、書店様、販売店様専用サイトです。一般のお客様はShopPaulineへお越しください。

Mカード Pカード みことばはがき クリスマスはがき 通年カード クリスマスカード しおり カレンダー・便箋 通年シール クリスマスシール その他
必ずお読みください

常備委託セット

2017年度 常備

2017年度 児童書常備

ポスターダウンロード

かごを見る

キリスト教とは何か6
死を越えるもの

コード 978-4-7896-0777-3
単価 1,296円(税96円)
注文数


  • 粕谷甲一

  • 新書判 並製

  • 216ページ

  • ISBN978-4-7896-0777-3

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


粕谷甲一講話集第六巻。
いのちの始めも終わりも神秘である。今を生き生きと生きることこそ死を越えていくいのちとなる。しかしそれをも奪われたとき、何が残るのか……。いのちとは、生きる意味とは、について考える。

初版発行:2016年10月1日

もくじ


第一章 死を越えるもの―ヘドロと真珠
はじめに
 1. 幸せ
 2. 不幸
 3. 愛する人との別離
 4. 再会の確かさ

第二章 冬よ、冬よ―待降節の輝き
はじめに
 1. 今の若い人の気持ち
 2. 人間の原型とその筋道
 3. “イズム”では現代人の心に響かない
 4. 「イエスさまでないといけないの?」
 5. アプローチがうまく作動していない

第三章 小さな火種の歴史―多宗教と多教派の一起点
 1. 神のドア・ノック
 2. 諸宗教の中のキリスト教
 3. キリスト教の教派
 4. 不協和音を包容する“寛大さ”
 5. ルター派とカルヴァン派の主張
 6. 三人のキリスト教文学者たち

第四章 音とことばのきらめき―水と人と神さまと
はじめに
 1. “自己実現”への出発
 2. 人生の逆転劇
 3. “しばり”をどう乗り越えるか
 4. 仕えながら待つ

第五章 復活の輝き―一アルコール依存症司祭の証言
 1. 福音の核心
 2. 何気なく飲んだ一杯の酒
 3. ジョン神父との出会い
 4. カトリックの信仰を棚上げにして
 5. 本物に近づく一段階
 6. 自分の全現実を受け入れ、委ねる心
 7. 回心は生活の決意が伴う
 8. 苦しみを通じて示された神の愛の記録

第六章 めざまされて、めざす旅路に―野麦峠越え前後
 1. 愛とは決して切り捨てないこと
 2. 娘たちの山越え
 3. 悲惨を悲惨と感じなくなったとき
 4. 地上には涙が残る
 5. 希望と絶望の峠を越えて
 6. めざす旅路

第七章 少年問題と老人問題―帰天した娘への感謝
 1. “ビ・モンタント”運動
 2. 少年にハンマーを振るわれ、命を失った娘
 3. 攻撃衝動を抑制できない子どもたち
 4. 失われた!“三つ子の魂”の教訓
 5. あそこまで、止められなかったA少年の暴発
 6. いのちの始めも終わりも神のたまもの
 7. 主のみ手に届く日まで

著者紹介


著者:
粕谷甲一(かすや こういち)
東京教区司祭。1923年インド、コルカタ市に生まれる。1944年受洗。1950年東京カトリック神学院入学。1951年インスブルックに留学。1957年スイスにて叙階。1959年帰国。アリの町教会で司牧。1961年真生会館館長。カトリック学生連盟指導司祭。1967〜1982年青年海外協力隊勤務。1995年〜NPO法人「芝の会」理事長。2011年2月帰天。
※↓以下の画像はクリックすると拡大してご覧になれます。